fc2ブログ

空気感のウマい飲食店

先日このブログで書いたお好み焼き屋「くいせ」行ってきました。
しかもおまけしてくれました!!
イエー

店長ありがとう!

イマドキのスキー事情やお店をやる側の気持ちなんかを聞いて、
とっても楽しくすごして参りました。

で、ちょっと小難しい話をしようと思います。

飲食店の店舗数。
半端じゃないですよね。

料理が美味い。
サービスがいい。
雰囲気がいい。

などなどお店を選ぶ基準はたくさんあります。

その中で、
前に行ったお店にもう一度行きたい。
と思うのはどういう時でしょうか。

少し考えます。

人によってココがいいとか悪いとか賛否両論あると思いますが、
ボクの頭の中から出てきた答えは、
空気感のウマい店。

仕事柄、飲食店さんに研究がてら行きますが、
コレを感じるお店は少ない様な気がします。



とっても美味しいイタリアンのお店に行きました。
水もミネラルウォーターで香りもついてます。
サービスもきちんとしています。ホールも男女ともキレイな人ばかり。
お店の雰囲気もバッチリ。

ただひとつ気になることが。
忙しいとは思いますが、
ホールのかたが結構なスピードで行ったり来たり、
食べているところに、
店員さんがつけているちょっと強めなコロンの香りが...。

コレがなければ100点なんです。
ちょっと残念。
また行きたいと思いますが、
落ち着いた食事をしようと思う時は恐らく選ばないと思います。

もちろんこの迅速なサービスが、
素晴らしいと感じる方もいらっしゃると思いますが、
ここは私見と思って見てやってください。

ちょっと細かいことを気にし過ぎなのかもしれませんが、
(ゴメンナサイ。親子3代続くA型なのです。)
惜しい!と思うお店がたくさんあって、
もったいないなぁと思います。


ココで話を無理矢理戻します。
冒頭の「くいせ」。
このお店はボクが学生の頃から全くといっていい程変わっていませんでした。
手作り感満載の居心地のいいお店です。

お好み焼き屋なのですから、
当然壁の色も時間とともに茶色くなります。
ひとりでやっているので、
混み始めると自ずとサービスもしにくくなります。

でも、空気感は悪くないのです。

コレには色々な理由があると思います。
もちろん素晴らしいサービスは最初から期待していません。
食べたことのない様な素晴らしい味との出会いも期待していません。

期待しているのはいつもの美味しいお好み焼きと、
店長の八方に飛びまくる話。

そうしてお店に入ると、
それらをしっかり楽しむことが出来ました。

このようなお店を今日から「空気感のウマい飲食店」と勝手に呼ぶことにします。

みなさんがもう一度行きたいお店や何度も通っているお店は、
「空気感のウマい飲食店」という言葉は当てはまりませんか?



空気感のウマい飲食店あるよという方も、
ナニいってんの大丈夫?という方も今日もポチッとな!とお願いします。
明日の励みになります。


関連記事

コメント

非公開コメント