fc2ブログ

DTP=デザイン!?

今日はちょっとだけマジメに。

DTP=デザイン

どうもこの図式が一般化しているようです。

まず、DTPとはデスクトップパブリッシング
またはデスクトップ プリプレスの略で、
これは机の上で制作から出力までの工程をすべて行う
という様な意味が含まれています。

あくまでも僕たちの様なデザイナーと言い張っている人間にとって、
DTPは手段であって、主な作業というのは別な部分にあります。

その主な作業とは、
「アイデアを練る」

コレが中々に大変なのです。
思いつきで作業したりなんかするとさぁ大変。
どっかで見たことあるものが出来上がります。

というのも考えずに作業をするという時点で、
頭の中にある引き出しをめちゃめちゃに開けて、
目立つものを拾ってきているから。

で、ココで必要になるのが、
「自由帳。」

自由帳といっても学酋長ではありません。

ラフスケッチノートのことです。
ただただひたすらに、
頂いたお仕事に関連する単語を書きなぐり、
キーとなるキャッチコピーやイラスト、写真などを
模索する。

もちろん自分でそれらをそのままおこす場合もありますが、
モノによってはアウトソーシング(外注)します。

これは自分で表現しきれないものや、
それぞれライターさん、イラストレーターさん、カメラマンさんの
特徴が必要な場合にお願いします。
(逆にそれぞれの専門家ありきで、デザイン部分のみの発注の場合もあります)

そうしてある程度頭の中ででき上がったものを
またまた自由帳に。
ボクの場合は主に鉛筆・色鉛筆・マーカーを使用します。
パソコンで作る場合もあります。

これは一般的にはラフカンプと呼ばれ、
時にはクライアントさんに見せることになる場合もあり、
もうここら辺から気が抜けません。

この後、クライアントさんからゴー!!が出ると、
ようやくDTPに入ります。
DTPが常識になる前は手で作業を行っていました。
参照http://dwbonds.blog79.fc2.com/blog-category-5.html

パソコンを使って
ロゴを作成し、
文字を入力し、
DSで遊んで、
カットをおこして、
写真を貼付けます。

そうして出来上がったものをクライアントさんに見ていただき、
印刷用版下データが完成。


そうなんです。
DTPはデザインを納品するまでの一部工程なのです。

ホントのところアイデアを練るところダケを
じっくりやっていたいんですが、
そんなことは偉くなってから。

やべ、これクライアントさんも見てるんだった。
笑って流して。オネガイ。


というわけで偉そうなことをつらつらと書いてしまいましたが、
実はここ最近のお仕事は、
ラフカンプあたりからパソコンを使うことが多いです。

これは納期の問題や作業効率を考えて、
ボクがラクをするためです。

やべ、これクライアントさんも見てるんだった。
笑って流して。オネガイ。


さて、二度も謝らなければいけない自体が起きてしまったので、
今日はここら辺で、寝て(逃避)しまおうと思います。

それでは、オヤスミナサイマセ。


※以上に書いた手法や工程などは恐らく他のデザイナーさんと違う部分も多々あると思います。
 書く側も軽い気持ちで書いてますので軽くお読みください。



ブログランキングに参加してみました。
毎日更新の励みになります! 今日もポチッとお願いします。


関連記事

コメント

No title

こんにちは!
綺麗なブログですね☆
ブログランキングもポチしときました♪

あと、今takaもブログランキングやってるんで
応援して貰えるとうれしいですо(ж>▽<)y ☆

また遊びに来ますね♪
これからもよろしくです!

非公開コメント