fc2ブログ

現在進行中!

今読んでる本。

文春文庫 三国志第一巻 著者宮城谷昌光
4.jpg

ようやく待ちに待った文庫版がでました。
ハードカバー本は重たくて。

ちょこちょこと空いた時間に読み進めていますが、
現在9割。

後漢後期から書かれている珍しいスタート地点。

三国志物は結構読んでるつもりですが、
これは驚きです。

三国志演技のスタンダードと言われている
吉川英治著の三国志に比べて言い回しが難しく、
サクサク読める感は少なめですが、
なによりもここから始めちゃう観点にしっかりと引きこまれてしまいました。

前半はやや説明的な雰囲気ですが、
中盤からはその時代ごとの主要人物をクローズアップして、
面白くなってきました。

三国志が好きすぎて前後の時代を全く知らないので、
新鮮な気持ちで読んでいます。


ここまで読んだこの本の結論。
少年曹騰(曹操の祖父)が健気でかわいい。

蒼天航路 原案 李學仁 漫画 王欣太
21ZP.jpg
に描かれているかわいいおじいちゃん的な雰囲気と重なって
こりゃいい感じ。
なんて思ったりしてました。

話が横道へとそれますが。

ここ数年ゲームセンターのカードゲームなどの人気もあり、
三国志人気が上がってきたようです。

嬉しい限り。

昨年は旭川で三国志展も催され、
数々の千年以上も前の美術品や書、
生活用品を間近で見れたことに感激し、
さらに、人間国宝 川本喜八郎 の作品である
NHK人形劇の人形にもその迫力に圧倒されてきました。

と、
話が四方八方に飛び散ってしまいましたが、
結局
三国志が大好き
と言いたかっただけなんです。

関連記事

コメント

非公開コメント