FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成虫になった蝉は7日ほどしか生きられないというのは俗説らしい

youkamenosemi.jpg

八日目の蝉(中公文庫)読了。

カバー裏を読んで買いました。

今日は少し辛口目。
いえ。
決して作品に対する辛口ではないのです。
作品は面白かった。

アオリを作った人。
出てこいやー!って感じです。
(ホントに出てきちゃったら謝っちゃいますが...)

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなた
の母になれるだろうか......。東京から名古屋へ、
女たちにかくまわれながら、小豆島へ。
偽りの母子の先が見えない逃亡生活、そして
その後のふたりに光はきざすのか。心ゆさぶ
るラストまで息もつがせぬ傑作長編。第二回
中央公論文芸賞受賞作。

さらに、帯アオリ。

優しかったお母さんは私を誘拐した人でした。
コピー自体は奇麗ですよね。

ただね。

うーん。

あの。

納得いかない。

カバー裏とアオリを読んだだけだとね、
誘拐の事実を隠しきったまま親子ふたりでの平凡な生活を送り、
娘が成長→多感なお年頃→告白→娘の逡巡→逮捕→ハッピーエンド
みたいなのを想像してしまいました。

実際内容は娘の記憶には母の姿はほとんどない。
新聞や本でそれを知る訳です。

なんかキャッチコピーずれてね?

あ。
勝手に期待したのか。

確かにアオリの前情報がなければ、
ダヴィンチででも紹介されてないと手に取らないかもなぁ。

ということは結果として帯は成功か。

だけどなぁ...。
と思う訳です。



というワケで。
内容デス。

フリン相手の実の子どもを誘拐してしまうのです。
そして逃げる訳です。

点々と逃げ回り...云々。

今度はその記憶を持った子どもの物語...云々。

これ以上書くと読んだときに面白くなくなるのでここまで。


逃亡生活を助けるのは女性ばかり。
この本に出てくる男は大変にダメな人間ばかり。

男性が読んだら
「なんだよちくしょー。男にだってきちんとしたやつはいるんだよー。」
と、ツイってしまうこと請け合いです。
(こんな時間でも起きていて昼過ぎまで寝ているぼくにゃあ言えませんがね...。)

女性の気持ちはわかりません。
今度恐る恐る伺ってみよう。

アオリを見ずに読むのなら、
オススメですよ。

念のため何度も言いますが、
面白かったです。

ラストは苦手な形でしたが。


そうそう。
前から気になってたんですが、
皆さんにお聴きしたい。

解説ってジャマじゃないですか?

だいたいの小説ではラストの急流の様な流れのあとに、
ゆっくりと話を締めくくって終わると思うのですが、
終わった瞬間に「かた~い」若しくは「くだけまくった」文章が
書かれています。

ジャマなら読まなきゃって思うかもですが、
それまで文章をずっと読んできてるので、
ついつい目が追ってしまいます。

なんだか強制的に集中力を切らされると言うか、
余韻がほどけると言うか。

見せ方とか構成とかも作品の一部ですよね。

どう思いますか?


突然「育児が快楽ということを再確認しておこう」とか言われてもねぇ...。

(なんだか今日の文章は一段と浮沈が激しいなぁ...)
スポンサーサイト

タイトルが何とも言えずカッコ良い

kokkyouno.jpg

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)読了。

何やらタイトルを見ただけで荒涼とした遠い風景が見えるようです。

「東へ西へ」とか「この世の果て」とか日清カップヌードルのCMとかを
思い出してしまいました。

が、しかし!
内容は国境や方角とは一切関係ありません。

いや...みなさんは解ってますよね。


スプートニクの恋人に続く恋愛小説?でした。
なんだか色々と胸が苦しくなったり、
記憶に襲われたりしてしまいました。

今のところ個人的好みで言うと、
村上春樹さんの本は羊シリーズや、ねじ巻き鳥の様な
後味爽やかなアタリが好みです。

一気に読み上げられたので面白いのは面白いんです。
疲労感に教われましたが。

まぁ恐らくここんとこ暗めの本ばかり読んでいるせいもあるのでしょうが...。

今の心境にはちょっぴり重たかったっす。

継続する力って大切だ

yamenaiyo.jpg

キングカズやめないよ (新潮新書)読了。

キングカズの日記でした。
面白かった。

サッカーはJリーグ発足から
3~4年は割と追って観てました。

それまでの地味なフラッグ、ユニフォームから一転、
派手なチームフラッグに派手なユニフォーム。
どでかいスタジアム。

中でもマリノスVSヴェルディのあのお祭りの様なゲームが大好きでした。
...当時はマリノスごひいきでしたが。

カズに目が向く様になったのは、
ワールドカップ予選のあの敗戦の後。

カズの本を読みました。
?なんて言う本だったかな。

集中する力とサッカーに対する思いと、
持続する高いモチベーション。
とても感心したのを覚えています。

ああ。
こうなりたいな。


そして、
今回の本です。

やはりキングと呼ばれるからには、
そう呼ばれる要因があるんだな。

まわりがなんと言おうと貫くためのモチベーションと意思。
意地と哲学。

自分と重ねて
「ぼくは持っているかなぁ。」
と、思わせられる一冊です。


思いを持って仕事をしている人は、
モチベーション維持のために読んでみるといいかもです。


バボラァ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。