スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追いつめられてますが元気をもらったので頑張ります

CX032.jpg

日本がアジアカップを穫りました!!

しかも格上と評価されているオーストラリアを下して、
あんなに美しいゴールで!!

川島選手も西川選手も権田選手も岩政選手も今野選手も伊野波選手も
永田選手も森脇選手も長友選手も内田選手も吉田選手も遠藤選手も
松井選手も長谷部キャプテンも藤本選手も本田(拓)選手も細貝選手も
本田選手も柏木選手も香川選手も前田選手も李選手も岡崎選手も
ザッケロー二監督も。そして彼らを支えたスタッフさん達も。
(まとめちゃった方ごめんなさい)

ホントは何人かしか書いてなかったんだけども
あまりにも全員で穫ったイメージが強くて思わず調べてまで書きました。



川島選手はもう守護神というより鬼神だし!!
決勝での岩政選手&吉田選手の働きはまさに巨大な壁
今野選手もあの手この手で攻めてくる相手を何度も何度も止め続け。
フル出場で前にも後ろにも至る所に出没し、決勝ではFWとしても活躍した長友選手はまさに鉄人
内田選手&伊野波選手だって鋭い切り込みを何度も何度も見せ負けてない。
ココにいてほしい!というところに必ずいる長谷川キャプテン。
フェイントとFK、切れる様なスルーパスを何度も見せた大会MVPの本田選手。
怪我をしてしまったけれどもそれまでぐいぐい引っ張り続けた松井選手&香川選手。
ここぞで止めるディフェンス力と針を刺す様なFK、CKを見せた遠藤選手。
信頼できるポストとして常に前線にあり続けた前田選手。
代表時代の中山ゴン選手が重なるガッツあるプレイを見せたハットトリック岡崎選手。
最後の最後でお手本の様なボレーを決めた李選手。
そして最後に切り込み担当の二人を失ったザッケロー二監督の原監督を思い出す様な采配。



俄ファンとして代表の試合を応援する程度のぼくですが、
とにかくとにかく感動しました。

自分のことの様に嬉しい。
深夜だというのに夢中でさけんじゃいました。

たくさんの元気とやる気をもらいました。

努力が苦手なぼくには彼らの様に大舞台には立てなかったけれども、
これから自分の舞台で思いっきりがんばる!!

彼らに続け日本人!!

(まずは目の前の終わらない仕事を片しちゃうぞ!!...実はまだ興奮してるのです。)
スポンサーサイト

茶色いバッタと緑のバッタ

glasshopper.jpg

ゴールデンスランバーに続き、
伊坂幸太郎さんグラスホッパー (角川文庫)読了。

カバーより。
「復讐を横取りされた。嘘?」元
教師の鈴木は、妻を殺した男が
車に轢かれる瞬間を目撃する。
どうやら「押し屋」と呼ばれる
殺し屋の仕業らしい。鈴木は正
体を探るため、彼の後を追う。
一方、自殺専門の殺し屋・鯨、
ナイフ使いの若者・蝉も「押し
屋」を追い始める。それぞれの
思惑のもとにー「鈴木」「鯨」
「蝉」、三人の思いが交錯すると
き、物語は唸りをあげて動き出
す。疾走感溢れる筆致で綴られ
た、分類不能の「殺し屋」小説!

読み終わりまでちょっと時間がかかったけど、
概ね面白かった。

限りなく一般人の「鈴木」を中心に話しが進んで行くのですが、
右から左から、上から下から、
コワい業界人がどんどん溢れてきます。

コロシヤだらけでサツバツとしているけれども
どこかしら日常とのつながりを切らずに
最後まで語りきってます。

「鯨」と「岩西」のやり取りのあたりが好きかなぁ。

やっぱし句読点が気になる。

恐らく伊坂さんのスタイルなんですよね。
句読点を多めにおいて、
一節一節をきちんと読ませる。

ぼく的には後半盛り上がる部分、
カバー裏の言葉を借りると、「三人の思いが交錯するとき、
物語は唸りをあげて動き出す。疾走感溢れる筆致で綴られた云々」
のアタリからは句読点を減らしてほしいなぁ...。
なんて思っちゃいました。

実際、緊張感とか集中から抜け易くなっちゃうんですよねぇ。
(まぁぼくはたいした文章も書けないので缶コーヒーのCMをおもいだしてしまいましたが...「じゃキミがやってみなさいよ」的なCM。)

一人称多人数小説。
この語り口は結構好きです。

なんだか「貝獣物語」を思い出してしまいました。
(気になる人は調べてみてね。)


次はキングです。
数年ぶりに「新書」カテゴリの本を買いましたよ。

昨日に引き続き...

ごめんなさい。
異常に忙しくて...。

そんな時でも
伊坂幸太郎さんグラスホッパー読了。
引き続いてカズのやめないよ読んでます。

感想その他は後日お知らせします。

そうそうアイアンマン2も観ましたよ。
やっぱカッコいいよね。
マーヴェル。
(マーヴルだったかなぁ?どっちでもいいか。)

(遊び過ぎっ!て怒んないでね。代理店さん...。)

諸々ゆっくり報告しまーす!

忙しい日なんです

とっても贅沢なグチだとは思いますが、
どうして仕事がはいるタイミングって重なるんだろう?

クライアントさんはみんな別なのにね。
固まるからといってイベントとか季節ものの仕事というワケでもないんです。
不思議。

♪ゴぉールデンスランバぁーって小さな声で歌いながら
がんばります。
(すっかり影響されてますぅ!)

あっ!そうそう。
そういや親父とその写真仲間のみんなで個展を開催するらしい。
手伝いを頼まれたので、
頑張ってみます。

詳細が決まったらまた報告しまーす。

因に一度カメラを持って出かけたら中々帰ってこない
不良親父のブログっす。
http://taiaiphoto.exblog.jp/
良かったらどうぞー。

(グチが無い分ぼくのブログよりみごたえあるかもしれんね。)

なんかビートルズづいてるなぁ

東野圭吾さん手紙読了。

tegami.jpg

なんだかここのところビートルズ続きだなぁ。
なにげ仕事中のBGMもそうだし。

また、バツグンのタイミングで流れるんだ。
HELP!
ってさ。

ゴールデンスランバーを読んだ直後に
「手紙」でイマジン。


いや、あのそうじゃなくて。
今日は脱線早いなぁ。

やり直します。

東野圭吾さん手紙読了。
結論から。
オススメです。

カバー裏より。
強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。
弟・直貴の元には、獄中から月
に一度、手紙が届く……。しかし、
進学、恋愛、就職と、直貴が幸せを
つかもうとするたびに、「強盗殺人
犯の弟」という運命が立ちはだか
る。人の絆とは何か。いつか罪は
償えるのだろうか。犯罪加害者の
家族を真正面から描き、感動を呼
んだ不朽の名作。

アオリの通りの内容です。
長く書いてる人は流石だなぁ。

文章がとてもキレイです。
テンポ良くラストまで一気に読みました。

ページ数のワリにかなり早く読み終わりました。

面倒ごとには深く関わりたくない人々の動きをつぶさに描いた内容で
色々と深く考えさせられました。

上辺だけの親切で傷ついている人がたくさんいると思うんです。
(ぼくもよくやってしまふ。あいたたた...。)

この作品を読んで思い出したことがあります。
まだ専門学生だった頃、
友人に同じ様な境遇「親が服役している友人」がおりました。

無論絶対に名前は明かしませんし、
誰のことかわかってしまうようなことは書きません。

今でも理由は解りませんが、
なぜかぼくにはそれを明かしてくれて、
困ったことがあると時折相談してくれました。

ぼくにはそういった経験は全くなかったので、
彼女の気持ちは恐らく理解できていなかったと思います。
「申し訳ない」とおもいながらも、
話だけは聴いてあげられると思って、
ただただ頷いていたのを覚えています。

やっぱりとても苦しんでいました。
部屋を借りるのも、アルバイトをするのも、
嘘をつかなければならない。
学校でも親しい友人にすら隠さなければならない。

15年も前のことですし連絡先もわからなくなってしまいましたが、
今となっては恐らく結婚もして籍も替わっているでしょうし、
(もちろん推測ですが)
社会に出てからは影響も幾分か少なくなっていることと思います。

ただ、苦しんでいたときにリアルタイムで話を聴き、
非常に胸が苦しくなったのを覚えています。

失敗や犯罪などを起こしてしまった本人が苦しむのならともかく、
まわりの人間が苦しむのはあってはいけないことだと勝手に思っています。

衝動的とか計画的とかそんなことは関係ありません。
生きて生活している以上、他人と関わりのない生活なんてあり得ないんだから、
「なにか」をしてしまう前に考えてほしいと思うのです。
もちろんぼくも。







あ。
ちょっとまじめになりすぎましたか、
話をがらりと変えましょう。

先日書いたゴールデンスランバーの件観ましたよ。

映画版ゴールデンスランバー

概ね面白かったですよ。
ただ順番が逆だったかも。

映画を観てから原作を読めば良かったと思いました。
はしょり具合も丁度良く、
必要なツボは抑えていたと思います。

一ヶ所だけ。
年配警官とのやり取りのくだりとシチュエーションの変更はどうかなぁ。
雰囲気をだすのには結構必要なシーンだったんじゃないのかしら。
と、ちょっぴり思いました。

そして、
その時がやってきます。
ロールが流れた瞬間に大きな声で突っ込みました。
「そこはゴールデンスランバーでしょ!」

そうなんです。
エンディングロールのBGMが斉藤和義さん。

いや、斉藤和義さんは好きなんですけどね。
歌うたいのバラッドとか歩いて帰ろうとかね。
かなり好き。

だけどここまでゴールデンスランバーをキーワードにやってきてるんだからさぁ。
と思ってしまいました。

この曲と原作者の逸話からでた選曲のようですね。

例えるなら、とても面白い小説を読み終わった後に、
妙に訳知り顔で書かれたあとがきを読んでしまったみたいなね...。
すっと空気が抜けちゃいました。





長い上に、文章が乱れてしまいましたが、
残念ながらもう修正する体力がありません。

今日はこの辺で...おやす...み..なさ.....

伊藤家御用達!


石臼挽きたて手打ちそばの店「手打蕎麦こはし」さん。
http://plaza.rakuten.co.jp/sobakohasi/

ある代理店さんに教えてもらってからと言うもの、
月イチで通ってます。

無茶苦茶旨い。

御用達というほどぼかぁ偉くありませんが、
ここのそば愛しちゃってます

細いのにコシがしっかり香りもバツグン。
だしもバツグン。
天婦羅の素材も揚げ方もバツグン。

もちろんお値段はそれなりにしますが、
もうちょっと払ってもいいぐらい。
(いや、安いにこしたことは無いですが...)


今日は
「活ほたて天せいろ」
「玉子焼き」
「そばがき」
を注文して食べさせてもらいましたが、
やっぱりどれも旨い。

夕方に食べに行ったのに
この時間になっても反芻してます。
(残念ながら胃が一個しかないので頭の中でね。)



その他細かい情報は検索すると色々書いてあるのでここでは控えますが、
機会が作れる方は是非一度食べてみてください。

ここに一緒にいった人たちは友人達も彼女も
100%顔を綻ばせてくれます。

オススメです。

携帯忘れていったので写真はありません...。
ぼくってやつぁ...まったく...。

んん?ドッペルゲンガー

_DSC6810.jpg

スプートニクの恋人(講談社文庫)読了。

講談社文庫は表紙にPPかかってる。
本は財産だと思っているのでこれはうれしい。

装丁のことはともかく、内容。
ドッペルゲンガーが見えた人が主役じゃない。
珍しい気がするなぁ。

大概こういった体験をする人は、
よその本や漫画などでは大概中心人物として描かれていた様な気がするけど。

しかも具体的に語られるのはわずか数行。
切り口おもしろいよなぁ。


カバー裏のアオリ。
22才の春にすみれは生まれて初めて恋
に落ちた。広大な平原をまっすぐ突
き進む竜巻の様な激しい恋だった。そ
れは行く手のかたちあるものを残らずな
ぎ倒し、片端から空に巻き上げ、理不尽
に引きちぎり、完膚なきまでに叩きつぶ
した。ーーそんなとても奇妙な、この世
のものとは思えないラブ・ストーリー!!
だそうです。

読んだら「ラブ・ストーリーなの?」ってなりますけど、
面白かったですよ。

彼らしい文章と世界観は、
THE村上春樹という感じです。

読んでいる最中の傾倒する感じや、テンポは
他ではなかなか感じられないですよね。

そこらへんスゴい。
日本に住んでいるほぼ全ての人が
同じ言語を使って同じ文字を書いているのに、
この人が書くと、
この人だけのものになる。

ボクは残念ながらハルキニストと呼ばれるほど傾倒できないけれど、
彼を崇拝している人たちの気持ちもすこしだけわかる様な気がします。


酔っぱらっているので
(訳:何かいちゃうかわかんねーので)
ここまでにしておきます。

次は何を読もうかしら?

2011カレンダーデータ無料配布

2011カレンダーデータ無料配布はじめました。

しかも、なんと、気まぐれで!
事務所用のカレンダーを作ったついでです。

コレから毎年できたらいいなぁとも思ってますが、
それはさておき、まず見せます。

photo.png

こんな感じで使ってます。

一応ボクもプロの端くれなので
それっぽいでしょう。

データはPDFで用意してますが、
こんな感じ。
1月_out

高解像度印刷ができる仕様にしてありますので、
A版の比率であれば大きいサイズでも奇麗に印刷できます。
もちろん大判インクジェットやオンデマンドでの印刷も可能です。

ということは、
逆にA5やA6サイズで印刷してデスクトップカレンダーにすることも、
紙を換えて印刷したりもオッケーです。
そのイメージもホームページに置いてあります。

それでは、
コチラからどうぞ!

デザインワークスボンズホームページ
http://www.dwbonds.info

ついでに色々見て行ってください。

余談ですが、
そのうちホームページ上で素材を配布したりもしてみようかなぁ
などと思っていますので、
時々覗いていただけると嬉しいです。

それでは今日はこの辺で。


明日は飲み会だ。
お酒には3ヶ月以上も触れていないので、
とってもとっても楽しみだ。

単身赴任の川久保さん格好よすぎます

制服捜査読了。
seihuku.jpg

面白かったぁ。

あらすじ。
例の道警の一連の流れで刑事から突然駐在さんになった主人公が
長年培ったカンと経験から見えなかった埋もれた犯罪に気がつき、
あくまでも駐在として独自の捜査方法で解決していく話。

やはりいつもの様に
佐々木譲さんの本はスピード感と組み立てがすんばらしい。

時系列が複雑に移動したり観点が変わったり、
という様な派手な仕組みはありません。

コツコツと積み重ねたものを
一気に最初から最後まで坂道を下る様なスピードで読ませる感じ。

この人の文章にふたつ名を付けるなら堅実で豪放。
(ゴメンナサイ...ボク結構あほなんで許してください)

とにかく笑う警官シリーズにしても警官の血にしても
この制服捜査にしても主人公がカッコいいのです。

きわめて現実的な背景の中で描かれている登場人物達なのですが、
ハードボイルドでもなくSFでもなくヒーローものでもないのになぜか光る。

幼い頃に考えていた「カッコいいおまわりさん。」
を思い出します。
(父ちゃんが観ていたら困るので...ゴマ摺っとく)

笑う警官シリーズに至っては、
道警の例の問題がありありと描かれているのに、
読み終わった後には
「ちょっと公務員試験受けてくるわ」
と言ってしまいそうになるほどです。

因にボクは突入せよ!「あさま山荘」事件踊る大捜査線を観た後にもそうなります...。
単純でノリやすいんだよね。基本的に。

まぁその分を差し引いてもオススメです。

映画版「笑う警官」はちょっと残念だったなぁ。
キャストが抜群だっただけに。
残念。


良かったらどうぞ!
入会日から30日間8枚まで無料でお試し!オンラインDVD&CDレンタル!TSUTAYA

予め週末目指して頼んでおけば家まで勝手に届くので便利ですよー。

エコバックとか再生紙とか気持ちは大切なんだろうけども

大きな声で独り言。
「次へ送るっていう気持って大切なんだと思う。」

いきなりACのCMみたいなコトを臆面も無く言ってみました。

映画ペイ・フォワード
親切にしてもらった嬉しい気持ちや幸せな気分を次の人へと送る。
そしてまた、次の人がその先へと送る。
そうしたら世界が変わっちゃうかも。っていう映画です。

思いついてこの映画を作った方はとてもスゴいと思う。

実はあの映画を観てから、
気がついたことは(できることに限り...あはは、褒められたもんじゃないね)やる様にしてる。
ボクもどちらかと言うと性善説を信じてる方なので...。


と、ちょっぴしカッコ付けの前置きはココまでにして、
リサイクルについて。

リサイクルにもこういった精神的な面が前提としてあると思ってるのですが、
エコバックや再生紙などにはギモンを持っています。

例えば、
エコバックの素材はナンでしょう?
ナイロン、ポリエステル、レーヨン、
麻、コットンなどなどなど。
ザックリあげただけでも
これだけあります。

それぞれ石油や植物から作られているそうだけれども、
もちろん今まで使われていたレジ袋も石油などから作られている。

となると現状では単純にエコバックを作る際の原料、
レジ袋を作る際の原料、有料ゴミ袋を作る際の原料と
単純に増えている様な気がする。

もしかすると総体としてレジ袋を生産するよりも
エコバックと有料ゴミ袋の生産枚数が少ないから、
エコなのかもだけど、その分原料の種類が増えているような...。

いずれにしても、
この辺のギモンに対する答えがきちんと語られる前に
エコ=リサイクル=良いコト。的な図式が出来上がってるのがどうも気に入らない。



当然再生紙の問題は
これらのことを説明されていなかったために起きた問題ですね。

仕事上ふれる機会が多かったし、
問題が明らかになった時は非常に苦労もしました。


ざっくり説明すると、
胸を張って「リサイクルしてるから安いんだ。」と、
大々的に再生紙を生産販売していましたが、
ふと誰かが気がつきました。

「なんで再生紙の方が安いんだ? 新しく紙を作るよりも手間とコストがかかるのに?」って。

再生紙を作るには、まず集めた古い紙を漂白してインクや汚れをぬきます。
それをチップに加工してから、紙を作る工程にようやく入れる。
このように手順が増える。

実際は一部新しい原料を使って再生紙を作ってたんです。
再生紙の表示まで入れて...。

安く売らなきゃなんないんだから、
コストや手間はかけられない。
紙屋さんの気持ちもわかる。
ウソはまずいけどね。


さらに深刻になってしまったトラブルの元がコレ。
国家や市町村単位からのお達しがありました。
「再生紙は安いんだからコレを使いなさい。」

そうそう。
当時は役所関係の印刷物には再生紙を使いなさいっていう指定があったんです。

そりゃそうです。
パッと見は一度使ってるものの方が安く感じます。
でも実際は前述の様に再生紙の方がコストがかかってたんです。
彼らも悪くない。知らなかったんだからね。


そんなワケで、
この問題がマスコミから大いに大々的に流れました。
途端、再生紙は一時的に市場から消えて、
海外生産の青みがかった輸入紙に取って代わられました。

「はじめから説明してればこんなことに成らなかったのにねー。」なんて、
当時の印刷屋さん、代理店さん、デザイナーさんあたりは
口を揃えて言ってたことでしょう。



結局何が言いたいかと言うと、
正体のわからないものをわからないまま使ってるよねぇ。
ということです。

そして、それを知るには自分から進んで調べなきゃなんない。
だけれども、よっぽど興味が無い限り調べようなんて気になれない。
(モノグサなのがバレたかな?)

そうか!! だから池上彰さんがモテモテなのか!

あっ! 脱線。

脱線に便乗して今日はこの辺でヤメておきます。
実はココまで書いときながら自分でもどう納めたら良いかわかんなくなっちゃったぁ。
あはは。とにかくそういうことなんです...。



そうそう。
まじめな話なだけに書いておかないとダメですね。
間違った解釈をしている部分があるかもしれません。
もし間違いなどがありましたら、ご指摘くださいませ。

スタッフロールで驚いた件。

随分前の話になりますが突然思い出したので。
スタッフロールに驚いた件について。

1件目。
あの真っ直ぐでかわいかったファミリー映画の子役が、
頑健でどこまでも忠実で良い人な青年になり、
世間知らずのホワイトカラーが最後にはみずからをなげうって星になった人。

同一人物だって気がつかなかったんです。

グーニーズ より
マイキー
sean1.jpg

ロード・オブ・ザ・リングより
サム
sean2.jpg

24 -TWENTY FOUR- シーズン5より
リン
sean3.jpg

他にもメンフィス・ベル原始のマンにも出てたようなんですが、
その時は気がつきませんでした。

今も記憶が薄く思い出せません...。

当時ロード・オブ・ザ・リングの
ロール中にスクリーンで発見した時は、
とっても驚きました。

ついつい帰ってすぐ調べた記憶があります。

もちろん、
24の時も驚きました。

こちらは出てきてすぐに気がつきましたが、
つい「あっ! サムだっ!!」って
言ってしまった様な気がします。


2件目。
なぜこの人が?というキャスティングのヘルメット男が、
なるほどコレはピッタリだ! の灰色の魔法使いになって、
白クマになった話。

白熊になってたとは。

X-MENより
マグナス
ian1.jpg

ロード・オブ・ザ・リングより
ガンダルフ
ian2.jpg

ライラの冒険 黄金の羅針盤より
イオレク
ian3.jpg

これも驚いた!

特に驚いたのはイオレクバーニソンの声。
知的で重みのある声がぴったりですね。

原作のイオレクは
もう少し動物的な雰囲気が強かったと思いましたが、
これについては映画版のイオレクの方が好きです。

だけれども一番驚いたのは、
マグナスのヘルメットが似合わなさすぎ。

Xメンは高校生の頃から高い訳本を買ってまで読んでたので、
スクリーンにイアンマッケランがあの柔らかそうなヘルメットをかぶって出てきた時は、
ちょっぴり微笑んでしまいました。

ああ、監督はなぜOKを出したんだろうって...。

まぁ2、3と観て行くごとに
見慣れましたけれども。

そんなショーンアスティンとサーイアンマッケランのお話でした。


なんだか急にソード・フィッシュが観たくなった。
そうかトラボルタだな。
おかっぱでヤギひげが観たいんだ。


良かったらどうぞ!
今入会すると、8枚まで無料でレンタルできますよー。
ラクチンですよー。



句読点が気になります。

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎読了。

golden.jpg

一気にラストまで読みました。

以下新潮文庫版カバーより抜粋。
首相暗殺の濡れ衣をきせられ、
巨大な陰謀に包囲された青年・青柳雅春。
暴力も辞さぬ追手集団からの、
孤独な必死の逃走。
行く手に見え隠れする謎の人物達。
運命の鍵を握る古い記憶の断片とビートルズのメロディ。
スリル炸裂超弩級エンタテインメント巨編。(ん?)



ビートルズの曲名がそのままタイトルになっているのと、
カバーのアオリの良さで買ってきました。

視点や時間の動きの使い分けや構成が面白く、
ついつい止められずに最後まで読んでしまいました。

話は第三者の視点から始まり、
順に中心人物へと少しずつ近づいて行く。
先へ進むのに必要な情報を与えるために時間軸も前後しつつ、
じわじわと真相が明らかになって行く。
はっ!! いかん。なんかアオリみたいになってきた。

色々な場所や時間を行ったり来たりして
ダンダン情報を拾うのが楽しくなってきます。



惜しむらくは、
句読点が多いー。

佳境に入って一気に読みたい部分が、
句読点の数でリズムが崩れるー。

うム。とってもえらそうだね!!

色々と言いましたが、
全体的にはとっても面白かったですよ。
オススメです。



手法と言えば突然思い出しました。探偵映画 (文春文庫) 我孫子 武丸
映画監督が撮影中にいなくなってしまい、
慌てたスタッフや出演者が続きを推理して撮影してしまう。
という話です。
話中で出てくる描写手法や大オチについての
部分がとっても面白い。
こちらもオススメです。



話は戻りますが...ゴールデンスランバー、
映画化されてるの知らなかった。
ゴールデンスランバー
公式ページhttp://www.golden-slumber.jp

近々観てみようかしら。

まじ!?

過去にレンタルしたものを
自動的に記録しておいてくれるサービスがあったので、
昨年1年間を記録してみました。

2010年に借りた映画の本数。
175本!
しかもGEOだけで。
購入分とTSUTAYA分を別にしてもこの本数...。

ホントに仕事してたのかぁ?と、
疑いたくなる様な本数です。

まぁ中には24とかHEROESとか
ドラマものも含まれているのだけれど。

仮に1本180円としても
33,075円!![税込]
税込み表示は大切よね。

ああ...。
計算しなきゃ良かった。

まぁそれはともかくとして、
自分がどんなタイトルを見てたかって振り返るのは面白いもので、
「あぁ。この頃沈んでたよなぁ。」とか、
「どんだけヒマだったんだよ。」とか、
ついつい突っ込みつつ眺めてしまってます。

なので、おもむろに。
2010年レンタルDVD限定
伊藤の勝手にランキングゥ~!

※好きな映画は買っちゃったりするし、
TSUTAYA分も入っていないので...あくまでもGEOでのレンタルランキングということで。


10位 K-20 怪人二十面相・伝
   金城武さんの力かしら。さすがは孔明先生。

9位 ザ・マジックアワー
   佐藤浩市さんのナイフをなめるあの表情。ありゃ歴史に残る映像だ。

8位 アマルフィ 女神の報酬
   とにかく景色がきれい。この映画を見て死ぬまでに一度アマルフィに必ず行こうと誓った。
   また佐藤浩市さんだよ。

7位 20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗
   これはもう浦沢直樹さんの大ファンなので、仕方ありません。
   キャスティングもバツグン。

6位 シャーロック・ホームズ
   ジュードロウが輝いてた。首を傾げる部分も若干ありますが、描写がバツグン。
   この映画の後から原作を読んでもイメージはロバートダウニーJrとジュードロウになってしまいました。

5位 三国志 Three Kingdoms 前篇
   これはもう製作が決まった頃から待ってたからね。しょうがないよ。
   DVDは2万セットしか作らないそう。結構いい価格なので買えずにまだ迷ってます。

4位 HEROES ファイナル・シーズン
   これも欲しかった。DVD-BOXを買う勇気がない。
   終わっちゃった。残念。

3位 24 -TWENTY FOUR- ファイナル・シーズン
   あああ。ジャックー!これも終わっちゃった。残念。
   キーファーサザーランドはこのあとどうするんだろ。
   ジャックバウアーのイメージ消すのは生半可じゃできないよね。

2位 サマーウォーズ
   アニメーションものではラピュタ以来かなぁ。
   よろしくおねがいしまぁぁぁぁす!
   コレのおかげでWeb関係にちょいちょい力が入る様になったかも。
   
1位 モール☆コップ
   これはねぇ。もう別格。元気出るよー。オススメ。
   詳しくは過去の記事をどうぞ。
   2010-3-13 レッドクリフ...今更?そんな詳しくないけども...


というワケで。
こんな感じになりました。

それぞれ観てない方は良かったら観てみてください!

ここからは明らかにPRですが、
今なら8枚まで無料でレンタルできるみたいです。
ポストに返却~♪のアレです。
外出してる間でも家に届いてるのは楽で良い。
ボクも使ってますよー。




欲求を必要以上に満たしてきた!! レーンを眺めて眠くなってきた!!

昼間だということもあり、
まわるお寿司屋さんへ行ってきました。

満たしてきましたよ。
欲求を。
必要以上に。

お腹のコブもとっても大きくなりました。

変わったメニューがたくさんあるなぁなどと思いつつ。
まずは最近マイブームな「とろタク」。

...うーム。
鉄火にたくあん(たくわん?)を足しただけな感じ。

そもそもマイブームの火付けになったお店のとろタクは
脂ののった中落ちにたくあんを軽く和えてなじませたものを巻いている。
コレ旨いんだ。

ちょっぴりがっかりしましたが、
他は概ね美味しかった。

満足です。

今日のヒットはえんがわの軍艦。
初めて食べました。
意外と旨い。


そういえば少し前まで
札幌の寿司業界がざわざわしてた
「すしざんまい」まだ行ってないなぁ。

まわりの人たちもまだ食べていない様なので
評判もあまり聞こえてこない。

価格帯は西鶴さんと同じくらいだし、
店の前を通っても見えるところはほぼ満席状態なので、
良い店なんだろうと思ってはいるのだけれども。
近いうちに行ってみよう。

とろタクあるかなぁ。
バクダンも食べてみたい。


ところで、
廻転寿司ってレーンを見てると眠くなってしまう
なぜだろう...。

うっしゃあ!!

寿司を食しにいってくんぜ!!

da110098s.jpg

お腹の栄養を貯めているコブにも大量補給。

そうそう。
長期にわたって同じお店のデザインをしていると、
統一感やコンセプト以外の部分で
どうしても悪い意味で似通ったものになってしまう。

ついでに写真の撮り方とかメニューのデザインとか
色々研究してこよう。

行ってきまーす。

日々の作業からくるどうしようもない欲求

寿司屋のチラシを作ると寿司が食べたくなる。
焼肉屋のチラシを作ると焼肉が食べたくなる。
ピザ屋のチラシを作るとピザが食べたくなる。

主に日中は外回り。
夕方から朝方にかけて作業をしているために
前述の欲求が深夜におそってくる。

これは太るはずだぁ。
なんて思いながらついつい冷蔵庫を開けてしまう。
んで
ついつい鍋に水をはる。
ついついスパゲティを投入。
ついついソースも作って、
時々ラフの上にスースを飛ばしつつ、
美味しく食べる。

だめだなぁ。

そんなわけで今日は寿司が食べたい。
FY029.png

無性に食べたくて食べたくて食べたくて食べたくて。
悶えてます。

特にうに。
塩水にさらしたうに。

あーもう。
他のデザイナーさんは一体どうやってこの欲求をおさめてるのだろう。

明日起きたら、
「寿司を食べにいきませんか?」と
ちょっと怒った顔で訊いてみよう。

がんばれ髪の毛

現実のボクを知ってる人は
軽く微笑んでください。


元々、近親一族そろってつるりんなため、
割と若いうちから覚悟もしてたし、
20代後半からダンダンきたのもそんなに気にしてませんでした。

見目悪くなったら全部剃っちゃおう。
なんて思ってました。

そんな一昨年の11月の誕生日。
できた妹が半笑いしながら
スカルプDをセットでくれました。

本人は割と気にしてないんだけどなぁ。
なんて思いつつせっかくなんで使ってみたらコレビックリ。

1ヶ月程度で変化が。
そりゃ黒々と、とは行きませんが、
結構戻りましたよ。

まぁ、でもその時はトリートメントとかするのが面倒で(何回もこちゃこちゃやるのキライなんです)
なくなったらヤメちゃったんですけど。

それから一年。
昨年の夏頃からほぼ毎日朝方5時頃就寝、
10時頃起床の不摂生な生活をしていたら...いやぁ。

減ったよ。
また減った。

で、それに気がついた相方が「使ってみたら」って。

それで、また2週間ほど前に買って使ってみてるんですが、
またもや少しずつ回復してきてるんです。

これすげーなぁ。
そういえば草薙くんも年末の番組で使ってるって言ってたなぁ。
芸人だけでなくてSMAPも回復させるんだからスゲーんだよやっぱり。
かんたんにその気にされちゃうテレビッコ...

昔っから祖父が育毛剤とか使ってるのを見てたので、
こういった養毛剤とか育毛剤とかは気休めでしょ。ツーン。
みたいに思ってたけどコレは別モンかもです。

長々と書いてみたけど、
これじゃあ表紙裏の広告記事じゃんかっ。
などと突っ込みつつ。
せっかく書いたのでアップします。

今日はスカルプDからの刺客的な記事でした。

そういえば、
何年か前に「しきゃく」って流行ったよねぇ?
やっぱり「しかく」の方がしっくりくるよなぁ。

奇譚[きたん]珍しい話。不思議な話。

村上春樹さんの短編集、
東京奇譚集 (新潮文庫)読了。
tokyokitan.jpg

楽しく読めました。
日常切り取り型でも納得のいく結末。

昨日書いた内容に
端っこの方が少しだけ擦る様な話が出てきました。
びっくり。

本書中の「日々移動する腎臓のかたちをした石」に登場する女性が、
小説でも映画でも未完成なものを見ると気持ちが悪くなる。
だから小説は読まない。
だそうです。

頑固だなぁ。

ボクの場合は勿体ないので、
小説も映画も漫画もゲームも舞台だって
興味のあるものはとりあえず触れてみます。

気持ち悪くなるということはありませんが、
そういったピーに時々当たると、
とってもとっても悔しい思いをします。

悔しい思いをするだけですが...。

で、ほとぼりが冷めた頃にまた元の様に触れ始めるのですが、
これが何度やっても懲りない。
不思議なものだ。

実は悔しい思いをしてる部分も楽しんでるのかしら?
と、自問自答してみたりしてみなかったり。


あ。
話があらぬ方向に。

突然素知らぬ顔で話を戻しますが、
「ハナレイ・ベイ」がお気に入り。

悲しい導入なのですが、
だんだんと主人公の行動や発言に引き込まれて行きます。
(この与えられる感じ1973年のピンボール (講談社文庫)に似てるなぁ)

こんなおばちゃんとどこかですれ違わないかなぁなんて
ついつい思ってしまいます。

この他の話も少し不思議で、
シュールで爽やかな話ばかりが並んでます。

さくっと読めてしまうのですが、
気持ちの中にのこるものにはきちんと存在感がある。

オススメです。


また思い出した。
「死んだ人の書いたものは許せるような気がする。」
なんでだろう?

火車ーひぐるまではなく、かしゃ。

本日読了。

火車 (新潮文庫)宮部みゆき
kasha.jpg

久々の宮部みゆきさんの本です。
とにかく読み易く、
軽めに読み切れるのが特徴。
「重い」「疲れる」本の間に、
思い出しては良く手に取る作家さんです。

今回は指輪物語シリーズを読み始めようと思って、
その前にちょっと頭休め本を探しにぶらり。

新潮文庫のキャンペーンでオススメされていた本で、
ついつい表紙の「ひぐるま」というタイトルに目を引かれて
手に取りました。

良く見ると「かしゃ」。
心の中で小さく恥じらいながら購入しました。


前置きが長くなりましたが、
内容です。

少し前の社会問題。
金融の多角化に消費者がついて行けなかった悲劇な話です。

主人公の設定が警察官なのに怪我をして休職中。
設定が面白い。
一般人のできることの範囲で捜査を進めて、
核心に迫って行く流れは
「なるほど」「そうか」などと、
ついつい心の中でツイートしてしまいます。

もう少しだけ心の中の声を出してみると、
イカリさんはいない方が良かったなぁ。
最後まで一般人のできることで
突き通してみてほしかった様な気もする。


なんてことも思ったりもしますが、
安定して面白く読めました。

ついでに過去に他に読んだ本も薦めておきます。
レベル7 (新潮文庫)」格付け!!
クロスファイア (光文社文庫)」超能力!!
R.P.G. (集英社文庫)」現実ゲーム!!
ブレイブ・ストーリー(角川書店)」ファンタジー!!
いずれも何度も読んでいます。

こうして並べてみるとSFも好きなんだなぁ。


...で、
実はこの「火車」でも思いました。
「もう少し全体の前後が欲しいなぁ。」

読者側の想像力に委ねてくれているのだと思いますが「間違ってたらごめんなさい」
いつもとても個人的に思うところがあるのです。

創り出した物語の結末は創り出した人に決めてほしい。
マンガにしても映画にしても、
もちろん小説にしてもゲームにしても。

「日常を切り出した作風」の場合は除きますが、
予想外のポイントで突然フェイドアウト(マンガだと光の扉に消えて行く的な表現)されてしまうと、
唐突に現実にはじき出されて、
すぅっと温度が下がってしまう様な気がするんです。

もちろん人によって感じ方は違うので、
これはあくまでもごく私的な見解です。


そんなことを思いながらも面白くて何度も読んでしまうんだから、
やっぱりスゴいんですよね。

さぁ次は指輪物語が先か村上春樹さんの作品が先か、
乞うご期待。

うおおっ!

愛してやまないスターウォーズが
ブルーレイで全巻セットで発売になるようです。

何度も何度もレンタルして「もういい加減買おうかしら?」
と繰り返し繰り返し
いつか全巻セットが出たら買おうと思って、
待ち続けてました。

いやこれは嬉しい。

ピンクジャージャーの様に小躍りだっ!

Amazon.co.jp 『スター・ウォーズ ブルーレイBOX』 特設ページ

軽くイラッときた話

dwbonds.comを用意する時は、
たまたまキャンペーンでサーバのレンタルとセットで非常に安かったため、
あるホスティングサービスを利用していたのですが、
アフターのヒドさと移管料金の高さで
新しいURLを借りることに決めました。

お名前.comさんは
クライアントにお勧めするサービスとしては
10年も前から使わせてもらっていたため、
今回は自社の分もコチラで借りることにしました。

年末のちょっとした時間でwww.dwbonds.comから
www.dwbonds.infoへURLの引っ越しを行いました。

比較的安いということもあり、
.infoを680円/年という価格で契約したのですが、
本日メールが来ました。

1月7日まで50円/年だそうです...。

あああああ。残念。

「あるある」ネタで年初めです。
今年もよろしくです。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

旧年中は大変大変お世話になりました。
なんとかこんとかやってきましたよ2011。

新年も全力で頑張りますので、
何卒何卒よろしくお願い申し上げます。

2011.png


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。