FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の歌を聴けを読んで原稿用紙1枚で述べよ

風の歌を聴けを読んで
イトウノリヒロ

村上春樹さんの本を読んだことがない!
と言ったある日、
軽いコメント付きのメールをわざわざ送っていただきました。
年代順に読みたい!
と思ってしまったワタシは教えていただいた通り、
「風の歌を聴け」講談社
6a00cd978b9341f9cc0123f1885e94860f-500pi.jpg
をその〈ここまで100字〉足ですぐに買いに行きました。

仕事の合間にぱらぱらとめくると、
なんだか不思議な構成です。
すぐに読んでみ〈あと50字...やべぇ...〉たい!と思い、
世の中で一番ラクと思う姿勢をとり、読み始めました。
結果から言うと、一気に夢中で読みまし〈ここで200字〉

...25年前のオレ。
何悩んでたんだ。
200字ってすぐ埋まっちゃうゾ!
読書感想文つらかったなぁ...。

まぁ、とにかく、
読み終わりに残っていたものは、

古くさ...ノスタルジックなバーか何かからたった今出てきたような、
異常に赤い夕日で見渡す限りオレンジ色の景色にいるようなって、
オイオイ。
酔っちゃった。
って感じと、
「死んだ人の書いたものは許せるような気がする。」(ニュアンスは違ったと思いますが)
ってパチッときた台詞でした。

次は年代順ではなく、
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
ねじまき鳥クロニクル
当たりを読んでみようかしら。

で、今読んでいる本
徳川家康 全26巻
山岡荘八歴史文庫
山岡 荘八 著
b0160459_9233727.jpg
現在4巻ですが、
さすがに重厚です。

今まで日本の歴史にはあまり突っ込まず、
ちょいちょいと拾い読みする程度でしたが、
祖父の本棚から引っ張りだしてきて読み始めました。

そのきっかけが、
「辿り読み」(造語です)
悪い癖です。

たどってたどってココまできました。

北斗無双(PS3のゲーム)

北斗の拳(マンガ)

花の慶次(マンガ)

一夢庵風流記(小説)
隆 慶一郎 著

信長の野望 天道(PS3のゲーム)

影武者徳川家康(小説)
隆 慶一郎 著

火天の城(小説)
山本 兼一 著

徳川家康

というワケなのです。
まぁそんな「そういえばアレあったなぁ」なんて思い出しながら
こういう「辿り読み」(造語です)を何度も何度も繰り返してるわけですが、
今回はワリと建設的な「辿り読み」(造語です)なんです。

いつもは辿って辿って元に戻るのですが、
今回に限っては新しい作品にたどり着いたんです。

そう自分でもひどいと思ってるんです。
三国志の環に入ってしまうと、
なっかなか抜けられません。

三国志 吉川英治 著→三国志 KOEI→三国志 横山光輝→蒼天航路 王欣太→三国無双 KOEI→三国志正史→三国志 柴田錬三郎→英雄ここにあり 柴田錬三郎→英雄生きるべきか死すべきか 柴田錬三郎→秘本三国志 陳舜臣→三国志 宮城谷昌光→反三国志 周大荒→三国志 北方謙三→などなどなどなど
で、→三国志 吉川英治(元に戻る)

なんていう、
恐ろしい「辿り読み」(造語です)が、
延々終わらずに繰り返されるワケです。



...と言う
そんな自分が大好きです。
という雑記でした。

なんだか今日は特に書き散らした感が強いなぁ...。
スポンサーサイト

噂のアイツと輝く瓶

まだあのラー油が爆発的に売れる前。
友人に「美味いよ。」と教えてもらって、
すぐに買ってきました。

これがまた
うまいっ!

こんなのずるい。
好きな食材しか入ってない。

で、これは定番だねなんて話してたんですが、
突然様々なメディアで紹介されるとともに、
全くお店で買えなくなってしまいました。

ある日のスーパーで。

いつもの通り買い物をして、
ふらりとラー油のコーナーへ。

「やっぱりないね。」と、
移動しようとすると彼女がそこから動かない。

なしたの?って聞くと
同じ桃屋の製品角切りのりの裏側に手をごそごそ。

シャキーン!
ニコッ!

いや、笑顔もその手に持ってる2本の瓶も輝いてるよ。

フェイスの端から端まで角切りのりがビッチリ並んでるんですよ?
なんでだ?
なんでわかったんだ?

どうもどなたかが隠したっぽい...。

いやすげーよ。
なんでそんなの見つけられるんだ。

というワケで。
今我が家には桃屋の噂のラー油が冷蔵庫の中で燦然と輝いているのです。

pic_rayu_sukoshikarai.jpg
辛そうで辛くない少し辛いラー油
http://www.momoya.co.jp/products/detail/rayu_sukoshikarai.php



...ラルズで隠した人ごめんね。
おかげでご飯がとっても美味しく頂けます。
うふふふふ。

GWご報告だ!

いやぁ。
久々充実した休日でした。

ということで、
重い腰を上げつつ書きます。

1日、日帰り車の修理で苫小牧。
2~3日で友人4人と大沼で焼肉しようぜツアー。
4日彼女と久々の積丹半島日帰りドライブ。
5日...あとで。

愛車が...。
先月後半に前左右のスプリングが両方とも折れる!

ちょいちょい話してる人はご存知かと思いますが、
「もう一生三菱自動車と関わらないっ!!」
と公言しているため、
せっかくなので友人の勤務先のディーラーへ。

苫小牧なんです。
そう。
この休み中に何度苫小牧へ行ったか。

三井アウトレットモールの渋滞(以下三渋と表記)に巻き込まれつつ、
苫小牧へ。

修理をお願いしている間、
友人が昼を食べに連れて行ってくれました。

花まさ。
ご存知の人はニヤリとしたでしょう。

炒麺です。
デカッ!!!
http://r.tabelog.com/hokkaido/A0108/A010802/1007596/dtlrvwlst/606403/

なんだよこのサイズ。
でっかいけれどもあっさりめでした。
旨かったよ。
ごちそうになっちゃった。
ありがとう。

で、イオンで修理を待って、
その日は退散。

札幌の実家によって明日からのドライブのための車をレンタル。
親父の車です。
kong
http://www.camperservice.jp/custom/index6.html
このページのIY様は実は親父です。

自分の車と交換して帰宅。
残ってる仕事を片付けて就寝。

2日午前10時出発。
11時に北区の友人宅へ。合流。
36号線の三渋。
苫小牧で友人2人合流。

さぁ出発。
いきなり道を間違え室蘭方面へ。
仕方がないので天丼。

天勝の天丼旨い!
カリカリの天ぷらも良いけれども、
天丼と言ったらやっぱり蓋が付いて蒸ささりつつ出てくるのが良い!
味噌汁もうまい。

食ったら走って長万部。
どうしてもかなやのかにめしが食べたい。
http://www.kanimeshi.jp/
わがまま言って天丼後わずか2時間半程度の空き時間で、
国道沿いあじも素っ気もない場所で食べました。

次はひたすら大沼目指して走る走る走る。
とはいかず5号線で大渋滞。

結局22時頃大沼キャンプ場へ。
隙間がないっ!

見渡す限りテントテントテント。
テントとテントの隙間も2~3m。
こりゃ無理だ。

すぐさまキャンプ場検索。
その間に近くのスーパーでお買い物。
肉♪ビール♪

結局その後数時間走り、
上磯ダムキャンプ場へ。

穴場でした。
すでに設営してあるテントは5~6基。

23時頃より焼肉です。
たわいもない話をしつつ、
七輪2台でパーティー開始。

寒い寒いと繰り返す二人にゴミ袋を着せて
※クリックすると拡大します。
ふくろ


わいわいと楽しみました。

そうそう、
途中暖かいお茶が飲みたくなって
缶ビールの空き缶にジャワティーを入れて七輪で炙る。
これがなかなか旨かった!

3時頃七輪をかたして、
車の中で就寝。

寝れん。
結局4時頃おきだして、
ダムの写真を撮りに一人ぶらぶらと。
※クリックすると拡大します。
4156.png


で、
結局時間を上手につぶせず。
友人たちを強制起床。

みんなゴメンね。

6時頃出発。

北斗市から海岸線を南下。
初めて見ましたトラピスト修道院。
とっても立派ですね。

!!!ここでようやく気づく。
モノクロフィルムが2本...カラーフィルムがないっ!

このメンツで行く時はいつもデジカメを貸し出すため、
フィルムカメラを使ってるんですが、
どうやら前回出かけた時に補充するのを忘れていたらしい。

仕方がないので白黒で撮影。
※この後の写真はまだ現像していないためまだ掲載できません。後日また。

立派な並木と立派な建物を撮影して海岸線を南下。
海岸沿いをー海岸沿いをー。
と行き止まり。

海岸沿い最後のなんだかとっても雰囲気の良い集落?(失礼か)で一休みして、
また南下。

あとはただひたすら海岸線の奇岩、港を写真に撮りながら走ったり止まったり走ったり止まったり。

この間が問題です。
ねむい...。

つきあってくれましたよ。
寝ないように。
しりとり。

34男×1人と33男×3人の大しりとり大会。
いやぁ。
たのしいよ?
とってもとってもたのしいよ?
なにか?

そんで仁木町フルーツファクトリー。
それぞれ自宅に残してきた奥さんや彼女にご機嫌取り。
たっぷりのケーキを買って、帰途につきました。

小樽→高速→苫小牧→36号線→札幌着。

とっても楽しかったよ。
ありがとう!


翌日。
今度は彼女と積丹半島へ。
見てきたのは3カ所。

島武意海岸(しまむいかいがん)。
神威岬。
どこかの浜辺。

まずは島武意海岸。
ここは二人で行くドライブには定番になってるんですが、
いやもう、ハンパじゃない。
きれい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/島武意海岸
上から眺める景色も最高ですが、
長い長い階段を降りてしたまで行くと、もう。
それはそれは...
って語りたくなるような景色です。
や、ホントに。

行ったことのない人は是非!
登り降りでクタクタになること必至ですが、
それを持ってあまりある景色と思います。

後で知ったんですが、
日本の渚百選にも選ばれているようです。

次に神威岬。
いや実は、駐車場までは何度も何度も行ってるんですが、
突端まで行ったのは今回が初めて。
こちらも感動です。

※クリックすると拡大します。
4367.png

※クリックすると拡大します。
4359.png


こんな景色北海道で見たことない。
丸い水平線が陸から見えるってすごくない?
途中足がすくむような道(高いところが極端にダメなのです。高所が平気な人は割とラクに行けるかと。)も
ありましたが、突端からの景色を見てそんなの全部ふっ飛んじゃいました。

途中で下の方に見える廃れてしまった古い柵(恐らく整備される前の通路跡)や
古ぼけた灯台など、ついパシャパシャと撮ってしまったのですが、
その写真はまたの機会に。

で、最後にどこかの浜辺で「若い恋人たち」を楽しんで
あとはゆったりのんびり倶知安、中山峠経由で帰ってきました。

この日は北海道に生まれて良かった。と思い直した1日でした。

で、4日と5日のルートです。
※クリックすると拡大します。
map.png




さて、
問題の5日です。

なんと。
天下統一を果たしました。

いや、残念な一日だったのです。

1~5までの運転疲れ、歩き疲れがドドッと出てしまい、
動けません。

一日中「信長の野望 天道」をやってました。
GW最終日に。

体力落ちてきたのかなぁ?
質量的には重たくなったけど...。
いや、まだまだ。

これから夏だし来年のGWも目一杯遊ぶぞ!

というワケでGWご報告でした。
そうそう新しい本もちょいちょい手をつけてるので、
そちらもまた書きますね。

それではそろそろ。
長々とおつきあい有り難うございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。